ステキな明日をつくり続ける

LIXTA=“LIKE”is Next Standard 「いいね」をあたりまえに

昭和61年、小さなマンションの一室からスタートしたわたしたち。
人や、まちや、みんなのために
「より良くするにはどうすればよいか?」を考え、
時に悩み、もがきながらも、
あきらめずに挑戦を重ね、歩み続けてきました。

わたしたちの軸となっているのは「もっと良くしたい」という想いです。
ただ「想う」だけではなく「 カタチにする 」ために、頭と体と心を使い、
想ったことを実現するまで考動しつづけることを大切にしています。
わたしたちの取り組みは、社会に急激な変化をもたらしたり、
一時的に大きな利益を生むものではありません。

しかし、 振り返るとみんなが「変わったね」「良くなったね」と
思える「 新しいあたりまえ 」をつくっています。

わたしたちは、人や、技術や、新たな可能性たちをつなげ、
たくさんの仲間と共に「いいね」の輪を広めていきます。
その先にあるのは、誰もが「 ステキ 」と感じられる明日です。

これからも、ひたむきに挑戦を重ね、
わたしたちはステキな明日をつくり続けます。

新しい
あたりまえを
つくる
[専門価値]

本邦初の無人機械式駐輪場の
ビジネスモデル誕生

1990年代、駅前の駐輪場がまだほとんど月極契約だった頃、歩道は放置自転車であふれかえっていました。これには歩行者や車も困っていましたが、同時に自転車の持ち主も「駐めた分だけ支払える駐輪場があればいいのに」と思い悩んでいました。
そこで芝園開発は「無人管理の機械式時間貸し駐輪場」を日本で初めて世に送り出し、みんなの悩みを取り除き、この新しいカタチの駐輪場は、“新しいあたりまえ”のサービスとして全国に広がっていきました。

まちのマナーをつくりだす
「総合自転車対策業務」

当社の「総合的な自転車対策」は、業務プロセスの立案~実行まで社内で一貫して行っています。自転車対策を行う地域に民営の駐輪場を整備し、放置自転車の受け入れ先をつくります。そこへ適切な教育を受けたLクルーが駐輪場案内や啓発指導を行い、マナーの浸透したまちをつくっているのです。
当社がブラッシュアップした駐輪場・街頭指導・保管所・撤去それぞれの業務の連携力と遂行力は、放置自転車だらけだった景観を劇的に改善しました。当社の一貫した実行力は、総合的な自転車対策をより良質な社会システムへと進化させています。

もっと
良くしたいを
カタチにする
[人材価値]

期待と挑戦心がシステムを進化させる

システム開発者の「まちを良くしたい」という想いから生まれた「総合自転車対策システムCapture」は、街中の放置自転車を可視化します。「Capture」は、これまで見えなかったまちの姿をビックデータで描き出し、みんなに未来のまちの姿を想像させてくれるのです。「こんなステキなまちになったらいいな」という、みんなの期待をカタチにしたい。そんなわたしたちのチャレンジ精神を反映し、「Capture」は日々進化し続けているのです。

いい仕事は、いい会社を、
いい社会をつくりだす

芝園開発の信頼の基盤を作っている経理総務チーム。「いい顔で働く人はいい仕事をしてくれる。いい仕事はいい会社を創る。いい会社はいい社会を創る」をモットーとする聞き上手・調べ上手な各部署のよき相談相手です。
日々積み重ねる現場との信頼関係は、期日厳守かつ正確な経理処理にも良い影響を与え、2019年には足立税務署から「優良申告法人の認定」という大きな評価をもたらしました。

LIXTA CREDO

つなげる力で
ステキを
広める
[社会価値]

みんなの社会課題を、
ひとつの事業で解決する

わたしたちの事業は、みんなの希望を実現します。
たとえば、住民の「安心なまちで便利に移動したい」という思い、自治体の「安全で景観のよい交通空間をつくりたい」という使命、土地オーナーの「せっかくの土地を活用したい」という思い、高齢者の「社会との繋がりを持っていたい」「地元に貢献したい」という願い。
こうしたみんなの希望を妨げている様々な社会課題に対して、持続可能な解決策をデザインし、みんなが「ステキ」とよろこんでくれることがわたしたちの存在意義です。

Hatch Technology NAGOYA2020
で見えた名古屋の未来

わたしたちが独自開発するシステムは、「新たな可能性を見出す」ことを目的に柔軟にサービスの形を変えることができます。
愛知・名古屋市が開催する『Hatch Technology NAGOYA2020』に採択された「総合自転車対策システムCapture」は、自治体が希望した「遠隔認定機能」を実装した名古屋仕様のシステムを構築し、社会実証実験で目ざましい効果を発揮しました。
課題に対してサービスの形を柔軟に変え、新たな可能性をつくりだす。それが次の「ステキ」を生み出すとわたしたちは信じています。